Diary
(2004/6/1〜2004/6/30)

back


●だるだる(6/30
今日はそういう雰囲気でした。
フロンティア全体が・・・かね。
昼になって、ひたすら院生がRPG話。
定番のドラクエ、FF中心に。
で、なんかない?って言い出すので皆でイロイロと意見を。
なんか今年中に俺がクリアできるような奴ないかって条件提示してたなぁw
結局ドラクエ3で落ち着いたみたいですけど。
聖剣伝説とか、ロマサガシリーズとか一杯出たんだけど。
で、出るたびにその話で盛り上がってた。
で、一日の半分くらいはそれして過ごしてたんじゃないですかね。
俺はプログラムで詰まって一日過ごしたけどな。
たまにはそういう日があってもいいと思いません?w


●拘束時間(6/29
まぁ、うちの班の拘束時間ってのは、
通例11:00〜5:00というように言われておりました。
院生に言わせると、まぁ、誰も守っちゃいないな。ってことですが。
俺も守ってたのは最初だけで、割と最近は行くのも遅い。
帰りは割と守ってるけど。
まぁ、そうやって言ってた院生はそそくさと4:40に帰りました。
いや、言っといて帰るんですかって突っ込んだら
バイトやねんって言われた。
お金は大事だよってw
まぁ、そこは否定せんけどな。
俺も明日は同様だし。


●報告(6/28
就職課に報告に行った。
就職活動報告書を渡された。
軽く書いて飽きたが。
つ〜か、決まったとこに関しちゃほとんど活動らしきことしてないんだ。
決まる前のならイロイロとアドバイスもあろうものだが。
就職活動記と俺の目から見た留意事項でも書いてUPしたろか。
まぁ、そこらへんは趣味だよな。

帰りにN教授を見かけた。
何気に楽譜を持って熱心に見ていた。
あのなんやわからんけども〜の低い声で
何を一体歌うというのやら。
や、逆に実はごっつ高音域の声が出るとか。
それはそれで怖いというかキモいというか


●就活終了に伴って(6/27
リクナビを脱会した。
何気に企業からのメールとか来ていたけど。
あと、多数の企業から来た資料だったりなんなりを
処分しないといけないな。
いっぱいきたよなぁ・・・。

特にメイテックアルファシステムズ

まぁ、メイテックはリクナビ側でもよくメールがきてたなぁ。
他にあげるとソフトバンクBBとかも一杯きたような。
メールだったらシグマトロンとか、日本システムウェアとか。
まぁ、他にも上げるとキリがないが。
まぁ、とりあえずもらった資料だったりも処分しないと。
部屋に一杯だ・・・。


●どうにもRO(6/26
今までずっとどこかにひっかかってた就職活動が
まったく考えなくてよくなったからか、やはりどこか爽快なもんで
遊んでても、ちっとも不安がよぎらない。
何気に小心者だからね・・・。
どっかで最悪のパターンを考えてしまう。
まぁ、最悪の基準がどこにあるかって議論は別にしてね。
でも、一応就活してる上での最悪ってやっぱり就職できないってことになるけど。
とはいえ、最悪のパターンって、思ったほど起きないんですよね。
就活にしたって、ちゃんと決まったし。
結局、今日はいつもと変わらずROして過ごした。

ついに上納が100Mに。
次ギルドLVがあがったら一旦上納をやめようかと思う。
一応、無駄に達成感があるから。
まぁ、さすがに200Mとかはちょっとねぇ・・・。


●終止符(6/25
ようやく、長いこと続いた就職活動にピリオドを打つ時が来ました。
本日、無事に内定頂きました。
これも就職担当のI教授のおかげですね。
まぁ、内定を今日貰えるとは思っても見なかったわけで。
とりあえず、今日の動きを。

まず、朝からアテックの説明会へ。
研究室のメンバーとともに学内セミナーを受け、
その説明会も一緒に受けることになってました。
ちなみに、筆記も一緒に受けました。
1時間で一般教養、および専門(機械、電子、ソフトから選択)
一般教養はさほど難しくなかったけど、専門が・・・。
電子を選んだのはやはり無謀だった・・・。
ツェナーダイオードとか、トランジスタ関係の回路とか
綺麗サッパリ忘れてる。
適当に書いて帰りましたよ・・・。

昼、適性検査ということで行きました。
最寄り駅からタクシーで・・・。
1290円の出費はかなり痛い。
これは絶対に内定頂かないとと思いましたね。

適性検査の内容はほんとに性格検査みたいな奴で、とくに頭はいらなかった。
で、それが終わったら工場見学させていただきました。
で、工場見学で一通り見終わって、採否は水曜までに・・・と言われ、
帰ることになろうとしたとき、技術の取締(OB)さんがいらっしゃって、
豪華な会議室に通されました。

取締:「えっと、結果いつ出してあげるの?」
人事担当:「とりあえず、来週の水曜に・・・と彼には。」
取締:「もっと早く出してあげなよ。本人も結構ヒヤヒヤしてるだろうしさ。」
取締:「でさぁ、内定いつ欲しい?」
俺:「(あまりに驚いたが)・・・それは、できれば早い方がいいんですけど。」
取締:「もう、今日出してあげたらいいんじゃないの?うち第一志望って言ってくれてるしさ。」
人事担当:「じゃ、ちょっとYさん(人事の上の方)呼んで来ます。」

こんな感じで話はすすみ、気がつけば内定を頂いてしまいました。
さらに、書類送付の話も出てきたんですが、
書類も今日発行して上げなよという取締の一言で、内定承諾書も今日頂きました。

そういうわけで、今日にて就職活動には終止符を打つ事になります。
もうここに決めましたから。
でも、まだ完全に手放しで喜ぶわけにもいかない。
まだ決まっていない友人もいる。
皆がそれぞれ道が定まった時、皆で喜べればそれでいい。
それは俺だけじゃなくて、皆そう思っていると思う。
それと、今日まで就活頑張れって言ってくれてた皆様、有難うございました。


●卒論テーマ確定(6/24
まぁ、大まかなテーマは道路復旧計画支援なんですがね。
細かい部分で具体的に何をするかを決めました。
で、何をするかというのを簡単にいうと、
地震時に緊急ルートというのが設定されるんですが、
この緊急ルートの設定の最適化です。
それをしつつ、かつ被災区域の復旧順序の探索も行うということ。
まぁ、実は選択肢は2つあって、
もう一つは、道路における被災状況の変化による交通への障害のシミュレート。
まぁ、どっちがおもしろそうかって俺が選んだ奴ですよ。
ただ、激しく難しいんですけど・・・。
院生もアイデア勝負や。って言ってますし。
一応、卒業用の逃げ道は用意してくれてるようです。
もし、この研究やってできなかったら困るのです。
卒業できませんし。
まぁ、そこはうまくできていて、
緊急ルートの設定の最適化だけで終了なら、そんなに難しくなくて、
かつ、今まででそんな研究はたぶんないから、新規性は認められるだろうと。
そういうわけなんで、まぁ、頑張ろうと思います。
まぁ、逃げ道があるからってそれを頼ろうってわけじゃないですから。
ただ、最悪のケースというのは常に考えておくのがベターということでしょう。
ま、「最悪はない、この手で起こさせない」という名言もありますし。
昨日与えられた課題を可能な限り早く終わらせて、力をつけていくのが今後の課題でしょう。
期限は前期一杯だそうです。
GAの三倍は難しいそうで・・・。


●トリビア・・・(6/23
今日のトリビア見てて金の脳になった奴。
”一青 窈のもらい泣きの再生速度を落とすと平井 堅が歌っているように聞こえる”
これって、FLASH好きの人ならかなり前から知ってるんじゃないだろうか。
ま、実際どうか知らんけどさ。
とりあえず、俺のFLASH倉庫には存在しましたよ。
ちなみに、もらい泣きだけではなくって、
平井 堅の大きな古時計が一青 窈が歌ってるように聞こえるようにもなったりしてる。
まぁ、だからどうしたってことだからトリビアなんだろう。


●輪講と電話(6/22
どうやら、道路班は火曜に輪講というのが通例になったようです。
そんなわけで、昼になって輪講の打ち合わせ。
ところが、T講師と連絡が取れない。
しかも、なぜか実験に行ったことになってるし。
あの人確か月曜担当のはず・・・。
一応院生が電話してみるものの10回ほどのコールに応じず。
再度電話してみると、今度は一瞬で留守電に切り替わるという素晴らしさ。
そんなわけで輪講打ち合わせ中断。
院生はどっか行っちゃったので、俺は飯を買いに。
帰ってきて、飯食ってる最中に電話が鳴る。
するとT講師からで、院生がいなかったため俺が代わって話すことに。

T:「あ〜、今日って輪講すんの?」
俺:「あ、なんかやろうとして電話したんすけど、繋がらなかったみたいで、、、」
T:「ちょっと、用事あってな。で、今戻ってきたんやけどな。で、どうすんの?」
俺:「あ〜・・・えっとMさん(院生)いないんで、ちょっとどうすればいいか・・・」
T:「なんだ、いないのか。それじゃまた後で。」

それから20分後に院生が帰ってきて、電話したら速攻で輪講することに。
飯食ってないのに。。。ってボヤいてました。
今回も方針に関して。
まぁ、結論としては来週くらいまでに院生が持ってるイメージの浸透。
結局、話が院生とT講師の頭の中のイメージでしかされてない状態なので、
学部生のうちらはついていけてないのが現状と。
というか、正直話がややこしくなってきた・・・って俺が言ったら、
そりゃぁ、ついてこいってほうが無理な話しだよなぁってT講師。
もうちょい辛口コメント飛び出すかと思ったけど。
まぁ、その後、某U氏と喋ってる時は物凄く辛口でしたけど。

その後、U氏は突然室内の机を動かしだした。
そして、おもむろに引き出しから何かを取り出した。
・・・PS2?
さらに、グランツーリスモ3のコントローラーを箱から取り出し大型ディスプレイ前に。
ややこしい配線をつないでいました。
そして、、、起動。
大型ディスプレイにゲーム画面が映し出される。。。
・・・俺もあれでゲームしてぇ。
で、どうやら実験らしい。
俺にも後ろにいた院生にも普通にゲームしてるようにしか見えない。
話を聞くと、”眠たい時に運転するとより眠たくなるかどうか”?
なんかよくわからんけどそんな感じ?
そんなわけで物凄く単調なコースで延々と運転してました。
そんなんで大丈夫か。


●ある意味自己嫌悪(6/21
まぁ、朝から頑張って行きました。
駅についたら車でお迎えきてました。
結構、駅から遠いっぽい。
駅自体も過疎チック。
そして、むっちゃ工場でした。
まぁ、気にしない。
簡単に説明を受ける。
海外出張あるってさ。
中国、シンガポール、インドネシア。
そこで、俺って・・・自分の中でとんでもない・・・間違いを。
中国の事業拠点

天津松下〜



ごめんなさい。真っ先にアマツって頭の中で読みました。
テンシンですね。
ROしすぎが・・・。

さて、工場見学という名目で行ったわけですが、
見学してません。
見たのは受付と人事課だけです。
で、面接受けました。
・・・部屋入ったら5人いました。
もうね、面接嫌いになるからやめてくれ。
もとい、多くの人数相手の面接でよかったこと1つもない。
まぁ、痛いこと聞かれたりしたよ。

「今の君の夢ってなんなの?」





痛すぎないか。
無難に返しておいたが。
まぁ、無理っぽいなぁと感じたね。。。
したら1時間後に電話かかってきて面接合格だってよ。
電話連絡最速じゃなかろうか。

帰り道。
電車乗ってる途中、朝早かったのでぐったり。
だが、到着2駅前に妙な目覚め。
なんか、雨の雫が・・・?
おかしい、俺は電車に乗っているはず・・・。
もっかい寝ようとする、、、がまた雫が落ちてくる。
上を見ると網棚の上にカバン。
・・・濡れてんじゃねぇか。
隣で立ってるおばさんのものだったようで、スーツ着てる俺としては迷惑極まりない。
とりあえず、ハンカチ出して拭いてると、気付いたのかカバンを取るおばさん。
でも、何を言うでもなく駅で降りる。俺もそこで降りたけどな。
勘弁してくれよな。

昼飯でも食ってまったりと過ごしていこうと研究室にいってみた。
が、暴風で見事に休みになっていた学校。
そんな日でも研究室は開いてた。
M1の先輩一人ぽつ〜んと。。。
まぁ、しかし重大なことに、生協が閉まっていた。
飯も食えず、どうするあてもないので、ネットみてジャンプ読んでそそくさと帰った。
何しにいったんだ・・・。


●・・・やっぱりか(6/20
明日、やっぱし不都合になりそうですね。
でも、こちらから電話かけていくわけで・・・。
つらいのう。
ちょっと遠めだから明日はかなり早起き。
つれぇ。
遠いし、金はかかるし・・・。
これで内定もらえれば恩の字ではありますが。


●台風(6/19
きてるみたいですね。
そのせいで、明日予定されていた研究室におけるフットサルは中止になりましたよ。
中止が決まったのは昨日ですが。
でも、今日実感しましたし。
風強いわ。
まぁ、月曜は就活なので、よかったのかもしれないが。
・・・月曜行くのに不都合ということがありうるな。。。


●上映会(6/18
昼に、就職担当のI教授から電話が。
現在の就職活動について聞かれました。
まぁ、言葉が濁ります。
で、突然1つの企業名が。
ただ、声が聞き取りづらくて「松下〜」としか聞き取れませんでしたが。
まぁ、とりあえずどこにある企業なのかと聞いてみると、
京田辺ということでした。
どうもOBの方がもうすぐ工場長になるとかなんとか。
そこで、受けるかどうかは別にして見学に行かないか?と。
俺としては就職活動もあまりうまくいってるとは言えないので、
即座にOKしました。
その後もう一度電話があり、電話番号が告げられ、そこへ電話するようにと。
とりあえず、会社見学の日程を打ち合わせてくれって。
5分後、電話をかけ、打ち合わせ。
いつでもいいですんで〜って言われたので、早い方がいいだろうと、
「じゃ、来週の月曜でよろしいでしょうか?」と聞いたところ、
午前中になりました。
そこで、見学のついでに面談もしてしまうと言われました。
これがトントン拍子で進んでくれると、それはそれで助かるなぁと思いつつ・・・。

電話を終え、戻ってくると映画の話になってる研究室内。
前々からずっと映画見ようと院生が言っていたのが、今日実現しました。
なんか毎週月曜は上映会にしようとかいう話もでてるのですが。
ま、そんなわけで上映はフロンティアに備え付けられた大型プラズマディスプレイ。
スクリーンはプロジェクターの設定が面倒だからパスした模様。
しかし、こんなんでいいのかね・・・。


●報告書(6/17
今月から報告会のたびに報告書書くことになってます。
1週間以内だそうです。
明日締め切り・・・だと思います。
まだ出来てません。
今年から報告書のスタイルやらなんやらがかなり変わったようなので
去年の報告書が参考にならないです。
正直、まとまらなくてすごく悩んでます。
明日、院生に相談してみようと思う。
まぁ、そうせんと恐らく終わらんからね。

6/14に受けた適性検査は通った模様。
面接で頑張らねば意味ないが。


●説教・・・(6/16
昼は輪講。
2時から始まって3時半まで。
で、T講師が相変わらず来てくれて、方針を詰めてくれました。
しかし、T講師が帰っちゃったあとに、再び議論。
M2の院生がイマイチよくわかってないんだけど、と漏らす。
俺も部分部分よくわからんところがある。
恐らく同じような状況にあったんだろう。
理解の度合いが俺より上なだけで。
で、結局どういうことなん?って言われたんで、俺は思ってることを口にした。
だけど、イマイチ内容を伝えるには言葉が足りず、うまく伝える言葉も浮かばなかった。
それは、自分自身の思い描くことに自信がなかったのと、
どうしても先輩に言葉を発する以上言葉を選ばなきゃいけないという気持ちが働いたんだと思う。
まぁ、しかし言おうとした部分がわからんからプレゼンしてみてくれって言われました。
で、もうかなり強引な説明したら意外に納得してもらえました。
でも、こんな解釈であってんのかなぁ?という質問に対しては、
「いやぁ、これT先生に言ったら、”いや、そうじゃなくて〜”って言われそうですよ」って
言ったら、「それ、わかるw なんか絵が浮かんだw」って返されました。
とりあえず、論文あさりという結論が出たので、久しぶりに地下書庫へ。
1時間くらいでさすがにギブアップ。

地下書庫からの帰り、M助教授とすれ違う。
そこで声をかけられ、某研究室のT助教授から電話がかかってきてるから、
内線で電話をかけてくれとのこと。
この時期には珍しい大きめの企業の推薦が浮上してきたらしい。
早速、電話してみる。
とりあえず、研究室のほうへ来てみてくれと言われた。
で、見てみたらまた気乗りしない。。。
最初はこう上手くかわして、断ろうと思ったんですが、
かわそうとするたびに話を元に戻すので、きっぱりと断ってみました。
したら、なんか就活全般の話に切り替わって説教始めたんですよ。
断片的に腹が立つことをいくつか言われました。

「君は成績いいんだから、そこそこのとこ行ってくれないと困る。」

「自由で探すのもいいけど、無駄足運ぶことになる可能性高いだろう。」

「もっと早めに決めておけば今の時期にスーツなんて着なくてもよかったんだよ。」


何ですかそれ。
成績がいいから大企業?
企業に落とされたらそれはただの無駄足?
挙句の果てには今の時期にスーツ着て就活してることへの嫌味か。

#いい加減にしとけよ!

もうね、沸々と沸いてくる怒りを抑えるのにどれだけ苦労したか。
ドアを閉める時によく蹴らなかったと思うくらいですよ。
もうあのおっさんとは二度と喋りたくない。
こんなことを言って、避けてられるのは学生の間だけだろう。
だから今はその考えを目一杯行使しようと思う。


●GD+クレペリン(6/15
一部の人に予め言っときますけど、GD=ゲフェンダンジョンじゃないっすよ。
あくまでグループディスカッションです。
まぁ、そんなのはさておいて。
会場着いたら一人しか人いませんでしたね。
・・・15分前って早いのか?って思ってたけど、
2分前になっても人数が3人。
そして、人事の人到着。
名札とクレペリンの解答用紙を持ってやってきました。
名札は見たところ5つあったようです。
まぁ、それもさておいて、クレペリン。
実は、結構就活してきましたが、クレペリンは初めてです。
だからどんなものかも知りません。
なんか、受けた人がいうにはとにかくヤバいという事だったんですが・・・

予想以上にヤバかった。

正式には内田クレペリン精神作業検査だかなんだかいうようですね。
で、実際にやるのは一桁の数字の足し算です。
ただ、、、その量に泣かされます。形式は・・・

2 9 5 8 6 3 7 1 4 8 6 9 2 5 7 1 4 9 8 5 7 1 3 5 6 2 9 7 5 3 1 8 4 9 7 2 5 6 3 8 1 7 4 ・・・・・・・・
5 9 1 7 6 2 8 3 4 9 7 5 2 8 1 6 9 3 8 5 6 7 2 4 8 3 7 9 1 5 6 2 7 8 3 9 5 4 7 1 6 8 9 ・・・・・・・・
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・・・・・・・・
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・・・・・・・・
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・・・・・・・・

こうやって書いてある紙に対して数字と数字の間に足した値を書いていく。
ただし、2 9に対しては、2 1 9というように二桁目を無視して書くという感じ。
さらに、テープの放送に従って解いていき、制限時間があります。
「ハイ、次」と言われたら途中でも次の行に移って解き始める。

こんなの見てるだけでも、精神検査の前に精神崩壊しそうだよ。。。
そんなこと思ってました。
しかもこれ、ある程度まで解いたら休憩はさんでもっかい同程度の量解かされるんです。
ごっつつかれた。こりゃヤバいわ。

さて、一方GDですが、欠席者が多数出たため、急遽集団面接になりました。
・・・なんの心構えもしてねぇよ。
や、なんとなく予感はしたが・・・。
どうにも集団面接というのが好きになれません。
もとい、面接嫌いですけどね。
まぁ、大きな失敗は自分の中ではなかったので自己嫌悪に陥らないだけいい。。。


●もう・・・(6/14
適性検査も見飽きたよ。
同じようなパターンばっか。
だから解くのもさして苦労しない。
就活始めた当初の自分がかわいいわ。
あの頃は試験内容が不安で仕方なかったのにさ。
今は、またあ〜いうパターンだろ。って。
今日のもほとんど難しくなかったよ。
これで落ちたら書類選考ってことで。
あと、アンケート用紙か。
あるいは皆が無茶苦茶できたか。
内定が心底欲しい・・・。

HEY×3にJanneが!
3回目ということですが、ほんとに時代がきたんじゃないのかと思ってしまう。


●断線の疑い(6/13
このところ、ROやると2分に一度鯖キャン食らう事態。
明らかにおかしい。
時にはメッセも連動して落ちてた。
でも落ちてない時もあったわけだが。
まぁ、とりあえずわけわからんけど、LANケーブル買ってきた。
で、交換して、今まで使ってた奴みたら破れてる箇所があった。
内部で断線してるとも限らんなぁ・・・と思った。
そういうことで、交換して快適・・・だったのは2時間くらいか。
突然また連続鯖キャン。
3度くらいされてまた30分くらい安定して、また落とされる。
・・・何なんだよ。
家で考えられる原因はもうそんなにないぞ。
電源が逝きかけてるとかならありえてもいいが、それはどうしようもない。
結局何なのかはわからない。
頼むから普通に遊ばせてよ。


●報告会(6/12
調査だけだったのにプレゼンかぁ・・・とかなり憂鬱。
今回は液晶じゃなくプロジェクターでのプレゼン。
で、T講師は2時半くらいにいなくなるので、その間に交差点班がやるように。
ということで、うちらの班が一番最初にすることに。
というわけで、トップバッター(泣
で、案の定突っ込まれるわけですよ。
なかなか痛かった。
まぁ、致し方ない。
地獄の20分だった。。。
そして2番手がプレゼンするとき、M助教授が一言。
「彼女のプレゼンシートは君の3倍やで」
へぇ、プレゼンはパワポの重さで決まりますか。
そんなこと言ったって、彼女のは地図がどうしても必要で、
俺の調査はほとんど文章で書いてあるのをまとめたわけで。
そんなところで判断してほしくない。
まぁ、そんなところでしか定量的に判断できないというのは程度が知れるが。

さて、Uさんを除く全ての人のプレゼンが終了。
UさんのプレゼンはT講師が戻ってきてからのほうがいいんでは?というM助教授の提言により、
T講師を待つことに。
しかし、1時間ほど経っても帰ってこず、とりあえず打ち上げ会場の談話室へ。
6時5分前くらいに帰ってきたのですが、さすがにそこでプレゼンするわけにはいかず。
彼のプレゼンは月曜に持ち越されたようです。
別の意味で楽しみにしてたのになぁ。
でも、T講師の一言がおもしろかったのでよしとしましょ。

M助:「あぁ、彼のプレゼンはT先生いたほうがいいと思いましてね」
T:「あぁ、そうなんですか」
ここまでは大したやりとりじゃないですが、その後誰が言ったか忘れましたが、
「あ、もしかしてどうでもよかったです?」
これに対し、
「ん?あぁ、別にどうでもよかったんだが。
さらっと厳しい一言。
その後の飲み会はほんとくだらん話でイロイロ盛り上がった。

Uさんが俺のプレゼンの時、むっちゃメモとってたから道路班のやってる事に
興味があるんじゃないのか?っていうT講師。

いや、どのプレゼンの時もメモとってましたよってうちの班の院生が突っ込む。

でも、俺の時は新しいルーズリーフ使い始めて次のページに移ってたからと。
そこで、Uさんを道路班にいれてみたらどうかってT講師。

いや、間に合ってますって言ううちの院生。

や、間に合ってるって。。。
まぁ、ただでさえうちの班は方針固まってないからなぁ。
そんな重荷を背負わせないで欲しいんだろう。
実は、大きな理由があるのだが、伏せておこう。

来週は報告書をまず書かないといけないなぁ。


●うわぁ・・・(6/11
今日は交差点班が昼から輪講。
フロンティアにて議論。
俺は関係ないけど。
2時半くらいには終わったのかな。
終わってからM1の院生がしきりに気にするのは眼球運動の研究をやるUさんのこと。
というのも、輪講だというのに来てないから。
「どうすんのやろ・・・?」と。
そんなこと言ってたあと、3時頃、Uさん来ました。
まぁ、何事もなかったかのように座って作業(?)してた。
そこへ、3時40分頃、T講師出現。
早速Uさんに話し掛ける。
T:「君、どうすんの?」
U:「・・・。」
T:「まずな、今日輪講なのになんでこないの?」
もうここからひたすら沈黙のUさん。
T講師の言ってることは全て正論。反論できるはずもない。
その後、かなり厳しいことが。

「君さぁ、このままで卒業できると思ってるん?」
「去年まではさぁ、まだ来年があるからっていう余裕があったろう。」
「けどさぁ、それが今年はないわけじゃない。」
どういうことかと言いますと、Uさんは今年8年目なんですね。
うちの大学のルール上8年目でダメだったら強制退学です。

「このまま流れで卒業できると思ってんの?」
「まぁ、このままの習慣を続けるなら卒研は間違いなくとれません。」
「それだったらもういっそ後期のお金払うのやめて退学したらどう?」
「それでそのお金を有意義に使ったらどうかと思うんだが。」
「別にやめるのを薦めてるわけじゃないぞ? ただ、そのほうが有意義と思わんか?」

「そもそも君に多数の人集めてデータとって、っていう作業できんの?」
「俺には出来るように見えん。」
「とりあえず、卒業したいのならまずM助教授のとこ行ってどうすればいいですか?って聞いといで」
「それか、もう別のテーマしたらどう?」
「俺が君の立場だったら頭下げて簡単なテーマもらって卒業できるようにしてもらうわ」

もう聞いていて痛かった。
「考え直すのは今のうちやで? 夏の暑い時期になったらもう手遅れだから」
「あるいは、俺がやってたゴルフの奴の余ったやつがあるから、
 それをちょちょいとデータとってやったら、卒論というか、学術論文一本書けるわ。」

まぁ、そう言ってT講師は去って行った・・・。
明日は報告会だが、重たくなければいいなぁ・・・。
ちなみにT講師は2時半から会議で抜けるそうなので、2時半以降にプレゼンしたかったり。
いなければいないで、助けてくれる人がいないのも事実だが。


●どうしょ(6/10
土曜の報告会のpptを作り始めた。
どうまとめていいかわからん。
ある意味仕方ないんだよな。
テーマ決めるって先月言ったのに決まってないし。
資料漁りとその理解で一ヶ月使ったから。
しかもまだ具体化しそうにない。
それで、今回はその資料についての話を発表なんだが・・・。
とりあえず、適当に概要は作った。
あとまとめつくればいいだけだ。
けど、報告会の時にぐだぐだになるのは間違いないなぁ。
ま、報告会後に打ち上げするみたいだからガマンすっかぁ。

さて、昨日の試験結果来た。
落ちた。
まぁ、早くにわかれば気持ちの切り替えもしやすいよな。
受かってて欲しかったけどさ。
仕方ない。
焦って道案内をすごく汚く書いたのがまずかったのかもしれない。
まぁ、すぱっと切り替えていこう。


●勘違い(6/9
昨日の晩まで今日の就活は昼からだと思ってました。
朝、それも9:30からだった。
で、まぁ、今日は適正+作文。
某掲示板によると、作文は自分のことを書かされるから書きやすいということだったんですが、
どんなもんであっても俺は作文嫌い。
自分のことって書きやすいですかね?
俺は自分のことって書きにくいんですけど。
なんでかっていうと、特徴があんましないから。
こんなこというとなんだが、RO狂であるということ以外は結構平凡ですよ(ぇ
で、作文のタイトルですが、「今までで一番感動したこと」
・・・むぅ。
物凄く辛い。
感動って言葉であらわせると思えんのだが。
いや、マジで。
まぁ、それは論点がずれてるからいいんだけども。
”感動”じゃなくて”感動したこと”だから。
でも、思いつかないと不毛な議論が頭で繰り広げられるんですよねぇ。
とりあえず、1枚の半分にも満たない量で終了。
これで、作文内容みて合否決められたら落ちるね。
ちなみに結果は、適正が業者に頼んでやるらしく、1日かかるので明日だそうです。
や、早いぞ?
なんか面接後にすぐメールで内定通知が来たとかいう噂も聞く。
いや、もしきたら嬉しいけども。
どうも今までだと結構時間とって焦らして落としたりとかあったからさ。
まぁ、早くに結果がわかるのはいいですね。
学生としてはありがたい企業だと思う。
規模は小さいけど、いい企業だと思ってる。
もし合格通知来たら、面接で精一杯頑張りたい。


●新パッチ(6/8
エピソード4.0ですって。
なんか実装情報みたけど正直微妙だし。
どうでもいいけど鯖キャン多いよ。
なんどとなく落とされる。
人数4kちょいとかなのにね。
β1の時ほどではないにしろ酷いと思う。
安定するまではかなり不安だ・・・。


●うぁ・・・(6/7
O( ゚Д゚)o <どけどけどけ〜ぃ どけどけどけ〜ぃ!邪魔だ邪魔だ邪魔だぁ!

                       どけどけどけ〜ぃ どけどけどけ〜ぃ!ぶんぶ〜ん!> o(´ー` )O

O( ゚Д゚)o <ひき殺されてぇのかバカヤロこのヤロおめぇ!

                             葬式したいのかバカヤロこのヤロおめぇ!> o(´ー` )O



O( ゚Д゚)o <俺が家出ようとしたら雨が降り出したんだこのヤロおめぇ!

           しかも傘さして行ったのに10分後にやんでんじゃねぇぞこのヤロおめぇ!> o(´ー` )O

O( ゚Д゚)o <わざわざ大きな傘さして大学行ったんだこのヤロおめぇ!

             でも大学ついたらかんかん照りで邪魔になってんだこのヤロおめぇ!> o(´ー` )O


触発されて俺も使ってみた。
ただ、突っ込み暴走族ver.にしてみただけ。
正直言い方違うだけでどっちでも作れそうだけど。
けど、腹がたったのでこっちにしてみた。
正直、ここまでくると”悲しいとき〜”で済ませられない。


月の初めから〜・・・って昨日言ったにも関わらずさらなる出費が。
定期がきれてた・・・。
・・・くぅ、、、ここにきて4000円消費かよっ!
ぐぁ・・・減ったなぁ。。。
さ、さすがにこれは今月ギリギリになる・・・。


●あっついすね(6/6
部屋の中がかなり暑い。
そんなことで今日から扇風機を導入してみた。
とりあえず7月くらいまではこれでいけるだろう。
しかし、今月はWEB金買ったし、マウス新調したし、
かなり月の初めから金を使ってしまった。
・・・昼飯がさびしくならないといいが。

余談。
CDTVにてJanne Da Arcの「ROMANCE」が3位に。
これは次の「BLACK JACK」にも期待がかかる。


●もう限界だ(6/5
マウスもう限界。
軽くクリックするだけでダブルクリック扱いだったり、
ドラッグしようとしてもできなかったり、
ロール使うと下いったあと上いったり。
そんなわけでチャリでひとっぱしりマウス買いに。
う〜・・・3000円飛んだ。
でも、かなり快適だ。
ストレス感じないし。
そう思えば3000円はそれほど高くないか・・・。


●朝就活、昼研究室(6/4
朝から就活。
筆記試験・・・。
どうでもいいけど、訪問者カード二回目をかかさなくても・・・・。
試験はそこそこできたね。
言語能力、数理能力、図形、論理。
図形はかなりだるい問題だった。
立方体複数個を並べてあって1面1平方cmとして表面積計算とか。
あと外側塗ったら二面塗られてる立方体はいくつあるかとか。
論理問題も面倒なの多くて全部解けなかったね。
時間足りなかったさ。
結果は1週間後くらいだと。
前回は同じこと言って翌日だったが、さすがに今回それはないだろう。
なぜなら次回試験予定が6/15だからだ。
ちなみに次はグループディスカッションだそうだ。

昼から研究室。
あいかわらず来てる人数は少ない。
俺が来てから続々と来てたけどさ。
さて、昼飯時。
一人の学部生のバイトの話が話題となった。
その人はテニスのインストラクターのバイトをしてるらしい。
M2の院生がそれ聞いた瞬間「え、マジ?すげ〜」と感心してました。
いや、俺も感心しとったけどさ。
で、まぁ、就活ではそれを武器にしてるんだけども中々うまくいかんとか。
でも実際のとこはあんまり教えたりすんのは性にあってないらしい。
実際教えてる人が上達して上手く出来た時なんかはやっぱり嬉しいらしいけど。
そこで、職業の話に発展し、さらに変な方向へ。
M2:「俺は、例えば医者とかなったら絶対ダメだね、血とかあかんし。」
M1:「じゃあ、フロンティア全員アレいっとこか、献血。」
M2:「あ〜、だから俺献血もせぇへんもん。ていうか、俺の血使ってもらえんやろうし。」
M1:「いやいや、あれや、スタンプためんと。
俺:「いやいやいや、それは関係ないでしょw」
M2:「というか、俺は注射がまず嫌いやから。だって、あれやぞ、針がこうずっと入ってるんやぞ?」
M2:「まず、何しとんねんって感じやん?」
M1:「いや、血抜いてんのやって。それじゃ点滴とかは・・・」
M2:「あ〜、俺点滴とかもあかんわ。
    だってずっとこう、針が入ってるんやぞ?

その後も延々と「針が入ってるのがダメ」を言い続けてましたね。
なんでしょう、先端恐怖症かなんかですかね。
その後はじゃぁ、映画でスプラッターものを見ようとかいう話が出たり。
それに対しての反応が
「なんや、こう、もっと平和的なの見ようや。
 例えば、ファインディング・ニモとかさぁ」

一斉に「確かに平和的やけども。」と突っ込みが。というか率先して俺が突っ込んだ。
しかし、なんで映画を見る話によく繋がるのだろうか。
やっぱ、大型液晶があるからだろうか・・・。


●途中(6/3
またも説明会。
途中まではそれなりによかったが、
二年目社員の話を聞いたところで幻滅した。
話聞いてるとまるで小中学生の作文聞かされてるみたいだったもんで。
法学部出身で、喋りがそれか。
まぁ、それなりに人数いたし、緊張するのはわかるんだけど。
けど、カンペ見ながら読んでそれじゃぁね。
「〜と思いました。」とかさ。
会社自体は確かに魅力があるかもしれない。
しかし二年でそのような状態というのを見ると、
院に進んだほうがよっぽどマシな成長ができそうだし、
何より学生気分でいられていいかもしれないとすら思えるだろう。
ということで、説明会後に試験あったけど受けずに帰りました。
内定欲しいとはいえ、自分が納得いかないとこには行きたくないです。

ちなみに昨日受けた試験の結果がきまして、6/9に適正+作文受けに来てくれとのこと。
受信日時:6/2 15:36
はやっ。
試験終わって30分くらいで採点してメール送信しとるし。


●適正検査(6/2
就活。
今日の説明会は・・・寂しかったわ。
だって参加者3名だもの。
でも、説明してるおじ様が気に入った。
俗に言うフランクといった感じ・・・?
それでいて腰低め。
そういう人はなぜだか妙に好感がもてるね。
説明はおよそ1時間。
その後適性検査。
形式は文字列の法則(40問/10分)
CAB形式の図形法則(30問/15分)
計算問題(25問/30分)
ん〜・・・なんかそんな難しくもないなぁ。。。
計算問題にいたっては同じ問題見たことあるのがいっぱいあったぞ。
とりあえず全問回答はできたね。
よほどのことがなきゃ9割方あっとると思うね。
ちなみに結果は1日後か2日後にメールで。とのことです。

・・・早っ。

まぁ、採点はすぐできるだろうし、長引かせる必要もないということか。
ここは次に適性検査+作文、その後面接で選考終わる。
・・・作文が自信ないな。


●縁起わる・・・(6/1
昼から研究室。
もはや完全にだれている。
けど、今日は仕事をもろた。
こないだまとめた震災対策便覧の4章をまとめろと。
・・・。
・・・しばし読みふける。
・・・飽きた。
というか、もはやこれは復旧支援システムとのつながりがみえないとこまで触っちゃってるぞ。
なんか、まとめたとしても、”だから何なの?”って言われそうだぞ。
つまんないので17:30に帰ることに。

さて、帰りの電車にて。
快速急行に乗り、最寄二駅前で降り、各停に乗り換え。
音楽聴きながら、本読みながらまったり座ってたところ、少し異変が。
というのは、いつもかなりの速度が出ている地点で速度が徐々に落ち始めているのだ。
これは、体感でわかるものだと思う。
乗り慣れた速度というのは意外にも体に染み付いているものだ。
そして、電車はほぼストップ。
なにやら駅で人身事故らしい。
かな〜りとろとろと電車は進み、ようやく駅へ。
前から二両目に乗っていたのだが、その外には多くの駅関係者が集まっていた。
そして、そこには担架もあった・・・。
その担架の上にはビニールシートが・・・。
・・・お察しください。

ここからは推察に過ぎませんが、恐らく駅構内からの飛び込みかと思われます。
その駅は俺の乗っていた電車でいう進行方向と逆の方にしか降り口がなく、
また、次の駅との間に踏み切りがないので。
あと、基本的に駅自体が過疎なので。(高校生の帰宅時間を除く
ま、違うかも知れないけどな。
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO